Category Archives: 販売イベント

10月16日(土)17日(日)ロゴナ化粧品全品10%OFFSALE!

♪ロゴナスタッフ保科さんの丁寧な説明、メイクのアドバイスがあります。なんでもきいてください

♪「これだけは欲しい」「当日来られないんだけど」という方、ご予約お受けします。ご予約品も10%OFFです

―ロゴナスタッフ保科さんからのおすすめ情報―

①新製品 ロゴナソリッドシャンプー&コンディショナーがついに登場!
見た目は石けんのようですが、弱酸性で泡立ちや仕上がりは液体と変わりません。サステナブルなだけでなく驚くほどパーフェクトな洗い上がりです。

②ロゴナのシャンプーをお買い上げの方へ【コンディショナー・プロテイン50ml】を限定数プレゼント!

―ロゴナスタッフ保科さんからのお便りです―

秋のはじまり。ひんやり涼しい秋風が通り抜けると、ふと、お肌の乾燥や髪のぱさつきを感じることがあります。
夏の日差しやマスクの蒸れ、擦れで受けたダメージでお肌が疲れていませんか。
ロゴナは石油由来の原料は使用せず、高品質なオーガニックのハーブや野生植物からの原料を使用しています。パワフルな植物の香りと心地よさを体感し、お肌も心もまるごとケアしましょう。
みなさまにお会いできることを心から楽しみにしております!
追伸:また【ぬか漬け】3パック予約させてください!

フレンチシェフ小清水くんのフレンチデリを食べてみた!

今週末9日(土)に迫った『フレンチシェフ小清水くんのフレンチデリ販売第二弾』の最終打ち合わせにやってきた小清水くん。
予定の時間になっても来ないな~と思っていたら、なんとスタッフ用の試食を作ってもってきてくれました。

まずは【魔法のマッシュポテト】をなかよく五等分して実食。
「なにこれ?チーズじゃん!」
「チーズは入っていません。材料はあひるさんのメークイン系じゃが芋(とうや)と生クリームだけで、あとはひたすら練りながら煮詰めていくことで、この粘りとコクがでるのです」
小清水くんはこれを【有機野菜ゴロゴロ和牛ビーフシチュー】に混ぜながら食べるとさらにウマイ!と言っていますが、これだけでもパンに塗ったり、それこそじゃが芋や里芋なんかの芋系にも合いそう。お肉やお魚に添えるのもいいな~。
先月の【冷製コーンスープ】に引き続き、あひるスタッフ全員ノックアウトされました。
ちなみに、【有機野菜ゴロゴロ和牛ビーフシチュー】には和牛のほかにあひるのれんこん・玉ねぎ・人参・ブロッコリー・南瓜が入るそうです。これも絶対ウマイやつだよな~。

もう一品は年末のあひるオリジナルおせち(只今企画中)して和のテイストを合せた【和出汁のオニオンスープ】。
チキンブイヨンやコンソメが定番のオニオンスープを、都内の高級料亭でも使用されないような厳選した昆布と鰹節でていねいに取った和出汁で作りました。
あひるの玉ねぎの甘さを活かすために、クタクタになる直前で火を止めた炒め玉ねぎは、唯一の具材だけど満足感あり。
販売会当日は別売りでくろうさぎの【バケット一切れ】も販売するので、自宅でレストランの味にも負けないオニオングラタンスープなんていかがですか。
※最初は【とろけるチーズ粉雪】の小分け袋も作って販売するつもりでしたら、「このチーズの特長の酸味がオニオングラタンスープには合わないかもしれませんね。おいしいチーズですけどね」ということで、チーズは好みのものを使ってもらおうということになりました。

本日の試食はこの2品でしたが、フレンチデリの追加情報も聞けました。
前回大好評完売御礼(そのあとの人には謝罪)の【コーンスープ】は、前回使用のとうもろこしが入らず、今回はシーズン最後の北海道産とうもろこしを使用したため、前回より販売価格が下がりました。
ですが、料理としてのクオリティは落としません。味の深みを補うために、日本最古のチーズといわれる「蘇(そ)」を手作りして加えています。
なんでも、牛乳を10分の1の量になるまで煮詰めて作るとのこと。手間のかけかたがとても真似できない代物です。
【キノコの焼きリゾットとサンマのマリネ】はまったく想像がつかないのですが、見た目は和食の押し寿司のような感じだとか。で、お味は?
他にもスタッフAイチオシ野菜【田島さんの里芋のニョッキ・チーズソース】や、前回1時間で完売→追加焼きだった【至極のフィナンシェ】など、第2回となる今回は品数も盛りだくさん。
食欲の秋、あひるの食材を使ってフレンチシェフ小清水くんが作った秋のスペシャリテをご堪能ください。

10月9日(土)小清水くんのフレンチデリメニュー発表

前回9月のデビュー戦がいきなりの大好評だったフレンチシェフ小清水くんのフレンチデリ販売第二弾のメニューが決まりました。
今回は、前回のお客さんの反応を踏まえ、なおかつ年末のあひる×コシミズのオリジナルおせちを視野に入れ、前回の正統派フレンチとはまた違うラインナップで、またまた楽しみな週末ディナーとなりそうです(わたしは買えませんでしたが)。
前回同様売切御免なので、食べたい商品は事前に予約したおいた方が絶対に(わたしも)いいですよ~!

 ―フレンチ×あひるの野菜―

【田島さんの里芋のニョッキ チーズソース】 130g 650円 
栃木・⽥島さんの絶品⾥芋を、ヒロミ・コシミズ流でニョッキにし、パルメザンチーズソースでこの⾥芋にマッチするリッチな味わいに仕上げました。

【魔法のマッシュポテト】100g 550円
ヒロミ・コシミズ独⾃の製法で、じゃがいもと⽣クリームのみを使⽤しているにも関わらず、まるでチーズのような⾹りがすると⾔われる“魔法のマッシュポテト”。当店の隠れ⼈気メニューを、あひるさん販売会⼆回⽬にお持ちいたします。

【有機野菜ゴロゴロ和牛ビーフシチュー】 1,250円
“⿅児島産⿊⽑和⽜”と、あひるさんの野菜をたっぷり⼊れた本格派ビーフシチューです。魔法のマッシュポテトを混ぜながら⾷べて頂くとまた絶品!今夜の⼣⾷はこれで決まりです。

 ―和×仏―

【和出汁のオニオンスープ】 100g 650円
フレンチと⾔えばチキンブイヨンかもしれませんが、冷凍の鶏ガラを使⽤することに疑問を感じていました。そこで出会ったのが、最⾼級の昆布と鰹節。この度、“近海の背中のみを使⽤した鰹節”と、“羅⾅の⼀等巻検”を使⽤してオリジナルオニオンスープを作りました!都内の⾼級料亭でもほぼ使⽤されていない⾄極の出汁です。ぜひこの機に味わって頂きたいです。
オニオンは昔ながらの製法だと味わいはリッチになりますが、⽟ねぎの⽢味をあまり感じることができませんでした。ヒロミ・コシミズ流で⽟ねぎ本来の⽢みと旨味が感じられるようなスープに仕上げております。
更に・・・あひるさんで定番のパンとチーズを⼊れてオーブンへ。チーズがきつね⾊になってきたら、お店の味以上の“オニオングラタンスープ”の出来上がり♫

【キノコの焼きリゾットとサンマのマリネ】 100g 1,250円
銀座の⾼級⽼舗フレンチレストランのシェフ時代に、私の秋のスペシャリテとしてお出ししていた“松茸の焼きリゾットとサンマのマリネ”を、あひるさんの⾷材でアレンジしました。サンマの肝のソーズを含ませておりますので、秋の滋味をおたのしみください。

―前回大好評!―

【コーンスープ】 100g 780円
前回⼤好評だったヒロミ・コシミズのコーンスープ。今回は北海道のとうきびを使⽤。シーズン最後ということで、少しとうもろこし⾃体の⾹りが弱いものの、前回より⽢みは⾮常に強い品種です!深みを補うために、⽇本古来のチーズと⾔われる⾃家製の“蘇”を⼊れて味の豊かさをプラスしました。丁寧に⼿間暇かけた⼀品です。前回のスープとぜひ飲み⽐べて⾒てください。

【至極のフィナンシェ】 1個 280円
前回1時間で完売し、急いで追加を焼きに帰った【フィナンシェ】を今回も販売させて頂きます。試作に5年を費やし、フランス産の最⾼級品質のフランス産発酵バターと⼩⻨粉を使⽤してやっと完成した⾄極の逸品。前回お買い逃しの⽅は、ぜひ今回こそお試しになってください!

前回大好評!10月9日(土)フレンチシェフ小清水くんのフレンチデリ販売第二弾

前回9月11日(土)あひるの家デビュー戦にていきなり大好評だった『ヒロミ コシミズ ガストロノミー(Hiromi Koshimizu Gastronomie)』の小清水くんのフレンチデリ。
初めてのおフランス料理ということで少し腰が引けていたあひるスタッフですが、始まってみると開店前からお客さんが押し寄せてきて、予約が一番少なかった【至極のフィナンシェ】が早くも残りわずか!急いで富士見通りのお店に焼きに帰った小清水くんが再度あひるに戻ってきた時には、持ってきていたフレンチデリ5種の半分以上は売れていたのでした。とくに、あひるスタッフが試食時にノックアウトされた【冷製コーンスープ】は早々に売り切れて、楽しみにしていたお客さんに「すみませ~ん」と謝りながら、試食用に持ってきていた(必要なかった!)わずかなコーンスープをその場にいるお客さんで分け合って、なめるように飲んだのでした。
今までのフレンチ人生は高級なフランス料理店(銀座とか本場フランスとか)の厨房しか知らなかった小清水くんも、こんな小さな八百屋でまさか自分のフランス料理が売れまくるとはビックリ。「あひるさん、スゴイですね!」「いやいや、小清水くんがスゴイんだよ!」と、お互いにホクホク顔でした。
ということで、あひるのお客さんに受け入れられた「小清水フレンチデリ販売」第2回が決定しました!10月9日(土)のメニューはこれからあひると小清水くんで相談していきますが、試作に5年かけた【至極のフィナンシェ】は前回食べられなかったお客さんも多いので再び登場します。今からでもご予約OKです。
そして、早くも小清水くんが構想中なのが、「丁寧にとった和の出汁でフレンチスープを作れないかなあ」という、フレンチと和の融合。なぜそんなことを考えるのかというと……

 →発表します!
今年のあひるのオリジナルおせちはフレンチシェフ小清水くんに作ってもらうことになりました!

過去10年にわたってたいへん好評をいただいた【笑月おせち(みんなのおせち)】も、10年やって一区切りということで、次なるあひるのおせちの作り手を探していたところ、今年春に独立したばかりの小清水くんが手を上げてくれたのです。9月~11月のあひる店頭デリ直売であひるのお客さんの好みなどをリサーチして、今年の12月31日朝9時完成!の【○○○おせち重】(タイトル未定)」)に向けて動き始めます!ご期待ください。

食欲の秋、健康の秋、10月11月の販売イベント

 

4度目の緊急事態宣言もいよいよ9月30日(木)に解除されることになりそうで、昨年3月以降控えめだったあひるの家店頭販売イベントも、10月11月は感染症対策には気をつけた上で、これまでよりも少し賑やかにやっていこうという流れになってきました。

10月2日(土)あひるの家全品5%OFFSALE!

10月9日(土)フレンチ小清水くん好評デリ販売第二弾

10月16日(土)17日(日)ロゴナ化粧品全品10%OFFSALE!

10月30日(土)おむすび屋高ちゃんウマイもの盛りだくさんフェア

11月6日(土)あひるの家全品5%OFFSALE!

11月13日(土)14日(日)日本創健馬油製品全品10%OFFSALE!

と、10月は第4週を除いて全週末にイベントが、11月もすでに全品セールも含めて2つのイベントが組まれ、ここに「フレンチシェフ小清水くんフレンチデリ販売第三弾」と「おむすび屋高ちゃんウマイもの盛りだくさんフェア」が組まれることが予想されるので、またまた大忙し。
おいしいもの食べて、美しさに磨きをかけて、これからやってくる冬の肌対策も万全にして、いろんな秋を楽しみましょう。
うがい手洗いは基本ですよ~。

9月25日(土)祝!新米 おむすび屋高ちゃん収穫の秋 ウマイ!新米フェア

★ピッカピカ!モッチモチ!あま~い!さめてもおいしい!【新米おむすび米】(長野伊那・伊藤さんの2021年産農薬・化学肥料不使用のコシヒカリとミルキークイーンのブレンド米) → 特価!

★16種の雑穀を発酵させた甘酒風ノンアルコール発酵飲料【雑穀グルト】→イベント大特価です!

★いち!にい!さん!でにぎったおむすびはウマイ!【新米おむすび】鮭・昆布・おかか・梅 1個150円(税込)

★味の良さで売り切れ続出&今月はすべて新米!ご予約承ります。全て朝作った高ちゃんファミリーの自家製弁当1パック500円(税込)  青梅地鶏と地卵の【親子丼】 熟成青梅豚の【生姜焼丼】 ボリューム満点!【三色丼】 チキンがドン!【チキンステーキ丼】(のみ600円) なんといってもピカイチの、だるまささげを使った【お赤飯】

※売切れの可能性もあるので前日16時までの予約が確実です

フレンチシェフ小清水くんあひるの家デビュー戦大成功

本日11日(土)は国立市西『ヒロミ・コシミズ・ガストロノミー』の小清水くんが、初めてあひる店頭に立ちフレンチデリは販売しました。

第一回のフレンチデリ販売のメニューは【キャロットラペ】【コーンスープ】【ポークリエット】【和牛スネ肉の赤ワイン煮】【至極のフィナンシェ】の5品。
10時半の開店に合せて入店した小清水くんがデリを並べていくのですが、続々とお客さんが来店してきます。あわてて事前予約いただいたお客さんの品を取り置き、さて小清水くんに店頭に立ってもらってお客さんに料理の説明をしてもらうぞ!と思った矢先、「すみません!持ってきた【フィナンシェ】が全部なくなってしまったので、店に戻ってもう一回戦焼いてきます」と自転車で走り去ってしまった小清水くん。
その間にも【フィナンシェ】以外のデリもどんどん売れてゆき、「これはどうやって食べたらいいの?」「ラペってどういう意味?」なんて残されたあひるスタッフに聞かれてもどう答えていいかわかりません。

今日だけはフレンチあひるとはりきって蝶ネクタイなんかしめてみましたが、こちらから言い出さない限りお客さんは誰も気がついてくれないし……。

1時間半後、やっと戻ってきた小清水くんをやっとカメラに収めることができました。紫色のシルエットでもおなじみのこのスタイルはわたしのリクエスト。

「フレンチのシェフにまかない何作ればいいんだろう?」と事前に小清水くんに聞いたところ「カレー大好きです!銀座の店で働いていた時は、週末は必ずカレーでした」ということで、今回はこれでカンベン【カレーの壺レトルト・キーマカレー】(いや、ウマイですけどね)いろいろ乗せ。次回はちゃんと作るからね~。
午前のラッシュほどではないけれど、昼まか食べた後の午後も小清水くんのフレンチデリを求めてやってくるお客さんはひっきりなし。
追加で持ってきてくれた【ポークリエット】も【フィナンシェ】も夕方前には完売し、あひるスタッフが試食でノックアウトされた【コーンスープ】も売切御免。
わずかに残った【キャロットラペ】と【和牛スネ肉の赤ワイン煮込み】は明日も販売することにして、18時半小清水くんは満足そうに、でも慣れないあひる店頭での販売におつかれの様子で引き上げていきました。
次回フレンチシェフ小清水くんのフレンチデリ販売は10月9日(土)に決定。今回買えなかった方はぜひリベンジしてください。ぼくも絶対買います。

9月11日フレンチシェフ小清水くんのフレンチデリ販売追加情報

先日あひる通信と店頭貼り出し・ブログで告知したとたん、価格を明示していなかったにもかかわらず「もう予約してもいいのかしら」と、早くもその日を心待ちにしているお客さんが多数あらわれびっくりしていますが、こんな世情で「せめて自宅でおいしいものを食べたい」という気持ちがみなさんあるのでしょうか。
お待たせしました!9月11日(土)の小清水くんのデリ5品の価格が決まりました。

【キャロットラペ】75g  650円

【至極のフィナンシェ】1個 280円

【ポークリエット】90g 1,200円

【コーンスープ】100g 980円

【和牛スネ肉の赤ワイン煮込み】100g 1,850円

正統派フレンチの真髄を追求する小清水くんが、食材にも一切妥協しないで作った全5品。【キャロットラペ】用の人参は、先日あひるで5kgお買い上げいただいたばかりです。
さて、このお値段高いと見るか安いと見るか。
あひるスタッフは暑い暑い真夏のある日、あひるの2階で小清水くんが持ってきたフレンチデリ11品をすでに食べているので、「小清水くんの料理はウマイ!」のは知っているので、「コーンスープお客さんに買われちゃう前に2個予約しておこうかなあ」なんて買う気マンマンです。
当日は小清水くんも夕方くらいまで店頭に立つので、料理に関していろいろ聞いてみて「それなら食べたい」と納得の上でお買い上げください。
が、早い者勝ちですので売り切れの際はご容赦くださいね。

9月11日(土)フレンチシェフ小清水くん「食べて幸せになって」あひるの家店頭デビュー!

20数年間フランス料理の世界で修行し、渡仏や名店のシェフも経験してこの春独立、国立西の『ヒロミ コシミズ ガストロノミー(Hiromi Koshimizu Gastronomie)』の小清水くんがあひるの家店頭デビューです。
コロナ禍ということもありケータリング・宅配専門店としてスタートしたお店ですが、モットーは「ご自宅で本格フレンチレストランのクオリティ」だけあって、その腕前は確かなもの。8月のある暑い日の正午、自転車で軽快にやってきた小清水くんのリュックからは、出るわ出るわ本格フレンチ料理が11品。前菜がわりのとうもろこしの芯とひげだけで出汁をとった「冷製コーンスープ」を一口飲んだだけであひるスタッフの舌はノックアウトされました。
そのあともお肉にお魚・フォアグラ・ラタトゥイユなどなど、試食と言うにはあまりにも贅沢な料理が続き、最後にいただいた「至福のフィナンシェ」で完全にノックダウン。
「食は人を幸せにする最高のツール」という小清水くんに、ぜひともあひるのウマイ!有機野菜で料理を作ってもらいたいということで、9月11日(土)のイベントが決まりました。
当日は小清水くん渾身の本格フレンチほか、野菜がメインの品、正統派フレンチの一品、試作に5年かけた焼き菓子など、あひるのお客さんに食べてもらいたい料理を販売します。
9月11日のおウチ時間が幸せになること間違いなし!数量限定ですのでお見逃しなく。
シェフ小清水くんのこと、小清水くんが作る料理のことなど、追加情報があったらまたブログにてお伝えします。

8月28日(土)おむすび屋高ちゃんウマイもの盛りだくさんフェア

★ピッカピカ!モッチモチ!あま~い!さめてもおいしい!【おむすび米】(長野伊那・伊藤さんの農薬・化学肥料不使用のコシヒカリとミルキークイーンのブレンド米) → 特価!

★16種の雑穀を発酵させた甘酒風ノンアルコール発酵飲料【雑穀グルト】→イベント大特価です!

★いち!にい!さん!でにぎったおむすびはウマイ!【おむすび】鮭・昆布・おかか・梅 1個150円(税込)

★味の良さで売り切れ続出!ご予約承ります。全て朝作った高ちゃんファミリーの自家製弁当1パック500円(税込)  青梅地鶏と地卵の【親子丼】 熟成青梅豚の【生姜焼丼】 ボリューム満点!【三色丼】 チキンがドン!【チキンステーキ丼】(のみ600円) なんといってもピカイチの、だるまささげを使った【お赤飯】

※売切れの可能性もあるので前日16時までの予約が確実です