Category Archives: 畑だより

畑だより ―過ぎゆく夏の畑で百姓たちは―

店の仕事が終わって8時半、八王子キテレツファームの神田君のところに電話しました。
「丁度出荷作業が終わって、家に帰って飯を食べようとしているところです」
「今日も朝5時位から畑に出たんですよね。それでも間に合わないですよ。真夏とちがって昼もそんなに暑くないんで、つい休憩なしでやっちゃうんですよ」
「風呂に入っている時なんか、自分でもよく働くなあとしみじみ思いますね」
と明るく語る神田君の畑からは、カブ・小松菜・ルッコラ・ワサビ菜・サラダ春菊・ズッキーニ・リーフレタスなどが届きます。
大・小4つの畑をほぼ1人(ときどきお母さん、あひるのお客さん、友人の助っ人あり)で駆け回っている神田君。手が回らず枝豆をはじめいくつもの野菜の収穫適期をのがしてしまうこともあり、1~2の借りている畑を返そうと思っているということでした。
「まだ4年目なので、今は規模拡大じゃなくて、栽培の技を磨いていく時だと思うんですが……。それにしてもマンパワーがなさすぎですね」
そういえば、お客さんから「青山のナチュラルハウスでキテレツ見たわよ」「立川の伊勢丹にあったわよ」という話しをききました。「人伝てに頼まれると断れなくて」と言っています。
妻との約束の「月7万円を家に入れる」は滞っていて、「居心地が悪い」とのことです。どうしたらいいものかねえ?!
続けて電話した神奈川愛川町の北原君のところでは、「介護者がいっぺんに2人も出ちゃって、畑も忙しくなってきてるのにねえ」と、祥ちゃんが電話口に出てきました。
5日前に末っ子の柏君が、「たまにはゆっくりアフタヌーンティーを楽しもうか」と紅茶の準備をしている時、お湯をお腹と脚にかけてしまって病院へ。お腹も脚も見ているのも辛い火傷の状態になってしまい介護要。
3日後、めずらしく昼寝をしていた瞬君(夫)がどうしたことか起きあがれず、激しい腰痛・首痛・肩痛に襲われたのです。原因は思いも至らないのですが、ともかく「痛くて体を動かせない」状態になってしまったのです。
電話口に出てきた瞬君の声はとても元気でした。「針に行って少し良くなったようで、たまりにたまった経理をやってる」とのこと。
そんな北原夫妻からは、小松菜・ルッコラ・ラディッシュ・大根・里芋・四角豆・スティックブロッコリー・春菊・カブなどが届きます。
この夏のメイン野菜だったナス・キュウリ・オクラの畑は半分以下の収量で、それにともない収入も芳しくなかったということです。
鶏たちは7月中旬から夏バテになり餌を食べず、産卵率も90%→10%に激減。9月に入り40%位まで回復してきているとのことです。
「ほんとうに、続けていくってことは大変なんだなあと、しみじみ思いますよね。それにしても、40数年続いているあひるはスゴイなあと、寝ながら思ってましたよ」と、体調不良の瞬君の述懐でした。
北原君も神田君も年内1度はあひる店頭販売をやりたい!やる!とのことでした。
ようやくキャベツ・レタス・サニーレタス・リーフレタス・大根・白菜などの大型野菜が出てきました。蓮根・里芋・サツマ芋・ごぼうなど秋~冬野菜もはじまりました。
本来この時期メインの北海道野菜(じゃが芋・玉ネギ・人参・南瓜)が、極端な天候不順(干ばつと長雨と日照不足)で大不作となってしまいました。
1年に1作しか穫れない北海道の百姓たちにとって、この大不作(収入源)で困窮にたたされています。
天候不順によって野菜の形状(大きかったり小さかったり、先っぽが曲がっていたり、味ののりが今いちだったり)にバラつきがでてきていますが、許容してください。
果物は、刀根柿・富有柿・ひろさきふじ・千秋・秋映・紅玉・シャインマスカット・甲州・極早生みかん(これがおいしい!)と実りの秋です。
夏の疲れ、コロナ疲れ、季節の変わり目、体調にくれぐれも気をつけてください。

畑だより ―突然ですが、暑(熱)さが襲ってきました―

「きのう眠られた?」「食べられてる?」というあいさつからはじまる日々がやってきました。
2年前、全く自覚がなかったのに突然体に力が入らなくなって、自転車で3回転び、食欲が全くなくなり、「一体何がおこったんだ?!」と不安な気持ちでいっぱいでした。たぶんあれは熱中症だったのだと思います。
だから、夏のスタートのこの時期、慎重になってしまいます。
その時食べて少しずつ体の力を取り戻してきたような気がしたのが果物でした。
まずは西瓜です。大玉(千葉山武)小玉(青森木造)どちらもこの暑さで甘さがまして、シャリシャリした食感が抜群です。
次は山梨一宮・久津間さんの桃。いまいち小ぶりですが、甘いです。甘酸っぱくて評判なのは、栃木・浜田さんのブルーベリー。ただし、暑さが続くと過熟してしまうので早期終了となります。
そして、桃とすももをかけ合わせた、蜜のあふれる貴陽(山梨・久津間)、メロン(千葉銚子)、パイン(沖縄石垣島)、ネットリ甘いネクタリン(山梨・久津間)、ブドウ各種・プルーン(山梨・勝沼平)、まもなく夏みどり・夏の紅・祝と青りんごが青森弘前・伊藤さんからはじまります。
一年で一番果物の豊富な季節です。食欲がおちても果物だったら何とかなるでしょう。甘味と酸味と口あたりが夏向きです。
そうはいっても食わなけりゃなぁ、と野菜です。
どの畑からも、とまと・きゅうり・ナスがSOSです。朝晩とらないとドンドン成長するナス・キュウリ、ドンドン赤くなるとまと。八王子キテレツファーム神田君、神奈川北原君の「タノム!」の声も上ずっています。
おすすめは栃木・鈴木章さんのロロン南瓜(章さんにきいても、ロロンって何だ?ということはわかりませんでした)。形状は万次郎南瓜のように円錐形なのですが、ホクホク甘く、煮ても焼いてもウマイです。
野菜は今のところ潤沢です。ただし、葉物類(レタス・キャベツ・ほうれん草・小松菜など)や、大根などは中間山地(山梨・群馬、標高500m前後)に移行し、まもなく高原(長野、標高1000m前後)や青森・北海道にシフトします。
平地の神奈川・北原君や八王子・キテレツファーム神田君の畑では、終了に向かっています。
2人からはコリンキー(サラダ・漬物)・ビーツ(ポタージュ・スープ・サラダ)・ケール(炒め物・ジュース)・モロヘイヤ・ツルムラサキ・白丸なす・バジル・サンマルツァーノトマト(加工用トマト)・ハラペーニョ(辛い!辛い!)・青とうがらし(辛い!)・空心菜(炒め物)など、新しかったり珍しかったりの野菜が入荷しています。目先をかえるのもいいかもしれませんね。
ともかく、眠る!食う!です。

畑だより ―新種発見?タマゴの黄身が白いのは?!―

先日お客さんから「タマゴの黄身が白かったんだけど、だいじょうぶなの食べても?」という問い合わせがあったので、即高田さん(栃木・平飼い・自家飼育養鶏)に連絡をしました。説明が長く要領を得ないので、要約して文章で伝えてくれるようお願いしました。
その間、自分のところでもタマゴを割ってみたら白いというより黄身の黄色が相当薄いものがあり、ゆで卵にしたら白さがましていました。
届いた文面には2つのことが記されていました。

①飼料
一般には黄身の色を出すために、トウモロコシやパプリカ色素の粉末を混ぜた配合飼料をあげているのだけど、私のところでは栃木の3軒の農家に大麦・小麦・米を作ってもらってそれがメインなので、ほとんど黄身に黄色はでません。だから、マリーゴールドというハーブを混ぜて黄身の色を出しています。
それでも、色のベースとなるルテイン色素は入っていないので、市販品のようにはなりません。栄養価がちがう訳ではありません。

②暑さ
毎年6月の梅雨時わたしたちもそうですが、羽毛をまとっている鶏たちはバテて水ばかり飲んで、餌を食べる量が減ってきます。鶏舎内に大型扇風機を何台も設置して、風の通りを良くして体温を下げるようにしています。
でも体が慣れるまで、食べる量が減った分だけマリーゴールドの摂取も少なくなるので、黄身の色が薄くなってしまいます。
この農場はひのき山という少し標高の高いところにあるので、朝晩は涼しい空気に包まれます。体が慣れて湿度が下がると元に戻ると思います。
海外では高タンパクの濃厚飼料に頼らない飼育が広がって、「黄身の白いタマゴ」が出回りはじめているとききます。見慣れないので「ギョッ!」とするでしょうが、食べてダイジョウブなのでご理解ください。鶏たちもガンバッテいます。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

夏果物、本格始動です。
なんと言ってもあひるの家No1のおすすめは、山梨一宮・久津間さんの桃です。甘味も香りも口あたりも格別です。ただ、日照が少ないので小さ目が多いです。
青森弘前・りんごの伊藤さんからさくらんぼ各種・ブルーベリー・プルーンがはじまりました。りんご以外の果物も作ってみたいということなのでしょう、おいしい上で格別の安さです。りんごは7月中~下旬に【夏みどり】【夏の紅】【祝】の青りんご系がはじまります。
40年来のつき合いの栃木・浜田さんからはブルーベリー入荷中です。ほろよい甘味と酸味が大好評で、冷凍して食べてもおいしいです。
同年代の浜田さんは、海外放浪から帰って来て、「ほかの奴がやってないことをやろう」とその頃珍しかったブルーベリーの有機栽培をはじめたのです。この世代変わり者が多いですよね。でも、息子たちが継いでくれているのでヨカッタヨカッタです。
メロン・甘夏・河内晩柑・すもも(山梨・大石早生)・ガラリ(奄美大島・野生種のすもも)・パイナップル(沖縄)・バナナ・アボカド・小玉西瓜と出揃っています。

夏野菜、本格始動です。
夏といえばとまとです。栃木鹿沼の田島さんがメインになります。安くなります。
鈴木章さんから毎年大好評のホクホク甘い南瓜が出ます。「なんで栃木の南瓜がうまいんだ?」ときいても「わかんないよ。気のせいじゃないの」と謙虚です。
朝4:30~夜9:00まで働き続けている八王子・キテレツファーム神田君(32才)からは、トウモロコシ・キュウリ・枝豆・ズッキーニ・キャベツ・ビーツ・ナス・モロッコインゲン・インゲン・じゃが芋・玉ねぎ・人参などが入荷中。「今まで食べた中で一番ウマイ!」と好評なのがじゃが芋・ズッキーニ・キュウリです。
子育てを含めてフル回転であひる店頭販売イベントに来られなかった神奈川愛川・北原瞬・祥ちゃんからは、ナス・キュウリ・大根・ズッキーニ・コリンキー・人参・じゃが芋・玉ねぎ・モロッコインゲンが入荷中。どちらからとったらいいのは悩ましいです。
ケール・モロヘイヤ・ツルムラサキなどの夏の葉物もはじまりました。雨-晴-雨-晴、畑の野菜はグングン育ち、販売は苦戦しています。
ともあれ、本格的な夏が始まりました。

畑だより ―豆・サヤの季節がやってきた―

栃木鹿沼の鈴木章さんの処は田植え→麦刈り→田植え、その間に牛の世話と畑と大忙しの毎日です。
以前は田植え時期は村人総出で田んぼに出て、手助けし合いながら、昼には畦道に弁当を広げお喋りしながら食べたそうです。
中には酒を飲みはじめる奴もいて、「しょうがねえな。寝かしとけ」と皆でその家の田植えをやったそうです。
今は半分以上が、会社のネームプレートの入った作業服を着たトラクターを動かしているだけで、村人の姿はほとんど見かけなくなったということです。
「葬式もそうだけど、それはそれで大変な事もあるけど、隣り合わせでここで暮らしているんだという実感が持てたよな。今は村祭りをやろうという人もいなくなって、淋しいなあ」と、70才を過ぎた章さんとマツさん夫妻がポツンと田植えをしている光景だそうです。
そんな田植え麦刈りの合間をぬって、インゲン・キヌサヤ・グリーンピース・空豆・カリフラワー、少ししてニガウリなどが送られてきています。
八王子キテレツファーム神田君の畑では、大きく育った葉付き大根・アスパラガス・ズッキーニ・スナップエンドウ・ブロッコリー・スティックブロッコリー・サラダ春菊・レタス・サニーレタス・リーフレタス・ルッコラ・小松菜と、充実のラインナップです。
あひるの家のお客さんで「畑をやってみたい」という2人の若者が、週1回行って収穫・洗い・袋詰めなどをお手伝いさせてもらっていますが、普段はお母さんと神田君の2人。一体どんな働きをしているのか見当もつきません。
2人の助っ人はキテレツの帰り道お店に寄ってくれて、今日のお駄賃の野菜を見せてくれます。
「ズッキーニがあんな風になってるなんて知らなかった」と嬉しそうで、表情は晴々としているのです。
6月中~下旬、『キテレツファームでピクニック』を催すつもりです。たぶんトウモロコシ狩りです。
神奈川愛川町のけのひ農場の北原君の畑からは、大根・長ねぎ・新玉ねぎ・ミサキキャベツ・葉付き人参・小かぶ・ケール・ルッコラ・小松菜などが入荷中です。
なすを除いて、トマト・きゅうり・ピーマン・赤lピーマン・パプリカ・ししとう・オクラ・ベビーコーンなど夏野菜が揃いはじめています。
果物は、いちご・レモンが終了し、りんごもそろそろオシマイで、甘夏・河内晩柑・グレープフルーツ・バナナ・キウイフルーツ・時々アボカドはありますが、新しくはビワ・小玉西瓜で、メロン・サクランボはもう少し後になります。
そして、6月から約1ヶ月にわたって、梅とらっきょうが始まります。作り方などを紹介した注文表を配布中ですから、「やってみようかな」「今年もやろう」と思った方はご注文ください。1週間前が確実です。
いつもそうなのだけど、元気だしてやりましょう。

 

畑だより ―まだ野菜・果物は潤沢にあります―

2月3月になると八百屋をはじめた頃を思い出します。
人参も玉ねぎもじゃが芋も「ナイ!」のです。あったとしても、バリバリ芽が出た玉ねぎ・じゃが芋、水気を失ってガチガチになり「人参木」といわれていた人参だけでした。
「あ~あ、1年中せめて玉ねぎとじゃが芋と人参のある八百屋になりてえ」と思ったものです。
有機の百姓がどこにいるのかいないのか、全く手がかりがないので仕方のないことでした。ネットのない時代でしたから、人伝てに聞いた事を頼りに訪ねていくだけでした。
百姓はなかなか見つからなかったけど、なぜか八百屋をやりたいという人だけはふえていきました。少ない百姓が作る少ない野菜を、ふえてきた八百屋の要望に応えるために「振り分け」という方法がとられたのです。ほうれん草10束注文→入荷3束という風に。ある時はトマト1ケース→入荷4ケースということもあります。
ようするに、店からの注文数はあってないようなもので、畑の生育状況に応じて出荷されてくるということなのです。
ポラン広場グループが「生産者シフトの流通」と言われ百姓たちの信頼を得てきたのは、「畑を片付ける」という姿勢に因ることが大きかったのではないかと思います。その伝統(?)は、スマートになりながら今もつづいています。
サテ、
神奈川けのひ農場の北原君、八王子キテレツファームの神田君からの直送野菜も減少に向かっています。
ほうれん草・小かぶ・ビーツ・ルッコラ・カーボロネロ・ワサビ菜などが出荷されていたキテレツファームは、ほうれん草以外の野菜は終了に向かっています。野菜が育ってくるのは4月中旬位になりそうです。今は、新しく借りた畑の土づくりや種まきで忙しくしているようです。
「いままでキチキチだった畑がゆったり使えるのは嬉しいけど、マンパワーをどうしたらいいのか悩ましいところです」と言っていました。また新しい一歩を踏み出したのです。
北原君のところは小松菜・人参・さつま芋・カーボロネロ・短大根・赤かぶ・ネギが出荷されてきていますが、これも減少・終了に向かっていきます。
栃木の鈴木章さん・田島さんのところは、里芋を除いて野菜は全くありません。
冬型野菜はいずれにしても減少していきますが、北原君・神田君よりハウスも含めて広くやっている農家にはまだたくさんあります。
沖縄・鹿児島からは一足早くきゅうり・とまと・ミニトマト・いんげん・ピーマン・スナップエンドウ・葉ニンニク・島らっきょうなど、春夏野菜がはじまりました。
果物は、今年初めて農薬・化学肥料不使用で育てられた、茨城かすみがうら・竹村さんのイチゴ、熊本・福島さん/肥後あゆみの会からポンカン・甘夏・はっさく・ネーブル・不知火(デコポン)・タンカンなど晩柑類が出揃ってきました。
こんな風に南~北まで産地を移動できるようになるまで、30年以上がかかりました。一人一人の百姓たちとの出会いには、一つ一つのドラマがありました。その出会いをお客さんにお届けできるのは、八百屋冥利につきることです。
まだまだ寒い日が続きますが、温かいものを食べて、ビタミンCをいっぱいとって、コロナは勿論、風邪などひかないようにしましょう。

 

畑だより ―いよいよはじまった秋冬野菜、煮野菜がウマイ!―

秋晴れが続いています。
天候不順があたり前だった9月まで、10月に入ってから台風も来ず晴れの日が続いています。百姓たちも「いやー、雨を心配しないで仕事が進むゼ」とハリキッテいます。
ただし、「そろそろザッと一雨きてくれないと畑の土がカラカラになって、虫たちも元気で葉物類やキャベツ・大根の葉っぱなんかがバリバリ食われてるよ」と、いつものように全てよしという訳にはいかないようです。それでも、あっちこっちで野菜が育ちはじめています。
八王子・キテレツファーム神田君からは、小松菜・大根・ルッコラ・サラダほうれん草・サラダ春菊・カーボロネロ(黒キャベツ)・サラダケール・人参、まだあったらズッキーニ・ミニパプリカと豊富。
神奈川愛川町の北原君からは、大根・小松菜・サツマ芋・赤リアスカラシナ・ルッコラ・小かぶ・人参・里芋・ミニ大根・ラディッシュ・水菜が育っています。
栃木鹿沼・鈴木章さんから「北海道のより甘くてホクホク」と毎年評判の南瓜と、ちょっと茎に夜盗虫がからみついていることもあるブロッコリーがはじまっています。
白菜もキャベツもレタスもサニーもデカクなって食べごたえ十分、ネギもやわらかくなってきました。いよいよ鍋。煮物のシーズンですね。
悩ましいのは、どの百姓も同じ様な野菜(根菜・葉菜類)になるので、誰からどれをとればいいんだろう?ということです。
特に、キテレツ神田君と神奈川・北原君のところはあひるの家が出荷先のメインだったりするので困ってしまうのです。「どっちがビンボーかな?」と、自分のことを棚に上げてチョイスしたりしています。
果物は、りんご・みかん・キウイフルーツ・バナナ・柿・かりんになります。
りんごは青森弘前・伊藤さんから「甘・硬」「甘・酸・硬」の2~3種類をもらうようにしています。柿は奈良西吉野・王隠道さんから、甘くて味の濃い富有柿がでています。本かりんも王隠道さんからで、これは生では食べられません。ざくざく切って同量のハチミツ・砂糖につけてシロップを作ってください。ノド・咳に効果的です。
瀬戸内海高根島・井場さんのみかんは今年も味抜群ですが、栽培面積を縮小したらしく(農薬不使用のみかんって売れないのかなあ?あひるは売れてんだけどなあ?)断続的入荷、早期終了になりそうです。ない時は熊本・肥後あゆみの会の有機みかんなどを販売します。
井場さんも北原君も神田君もとても熱心で良い物を作っているのですが、マンパワーが自分1人+@という状況なので、持続・継続のハードルが常に立ちはだかっています。豊作↔収穫に追われる↔草取り、次の種播きができない↔できないと次の作物に影響する↔収穫減↔収入源など、負の連鎖にはまってしまいます。
じゃあ、人を雇ってと思っても、はらえるお金が払えるまでにはなかなかならない、ウ~ン。
でも若さだね、半年経つのにまだ1ヶも卵も産んでいない鶏50羽を北原君ところは飼っているんだよね。
そうそう、11月29日(日)あひるの家店頭直売!やります。その時、鶏が卵を産んだら持って来てくれるそうです。販売はしません。
まあ、見てもタマゴだかんなあ~と思っているのですが、まあ北原君はみんなに見てもらいたいんでしょう。もし見たら、「ワァ~!」とか言ってやってください。
サテ、寒くなりましたね。体があったまるものを食べましょう。

畑だより ―寒さがますと、おいしさがましてきます―

まるで晩秋をおもわせる日もあります。秋晴れの清々しい日もありますが、冬に向かいつつあるのを感じる日々です。
「おでんにしよう」「鍋にしよう」「シチューにしよう」と、あったか料理にシフトしはじめています。畑は秋~冬野菜にシフトしはじめました。
葉付き大根、やわらか煮ネギ、ねっとり里芋、大玉白菜、しっかり巻いたキャベツ、葉物もほうれん草・小松菜・春菊・水菜・チンゲン菜と揃いはじめています。北海道のじゃが芋・人参・玉ねぎも甘さをましてきています。この後、朝起きたら畑一面霜が降りて真っ白という日がやってきます。
そうすると、畑の野菜たちは糖度を上げて、凍ることを自ら防ぐ作用がおこってきます。「冬の野菜って甘くておいしいのよね」ということになります。葉物類は筋が寒さで溶けてやわらかくなります。
果物のりんごもみかんも柿も味が濃くなってきて「おいしいわね」と言われることが多くなります。
ひろさきふじ(早生ふじ)・いとう・ジョナゴールド・きおう・国光・紅玉とラインナップも豊富で、柿は平核無柿に加え本命の富有柿が、瀬戸内海高根島の井場さんから甘味酸味の濃いみかんがはじまりました。
お米も栃木鹿沼の鈴木章さん、新潟いなほ、長野おむすび米が新米に切りかわり、11月になると福島さゆり米もはじまります。
寒くて長くてやになっちゃう冬がやってきますが、その分おいしさがましてきます。
ただ、神奈川・北原君、八王子・キテレツファーム、栃木・鈴木章さんをはじめ、まだ秋冬野菜の本格出荷が始まっていないため(7月8月のダメージ)、仕入先の関係で多くの野菜が高値になっていて、毎朝「ウ~ン、この値段かよ」と腕組みをしています。買うのがためらわれる野菜もあると思います。
「10月の下旬~11月になれば、直送野菜・ポラン野菜がメインになって、価格も下がる」と期待しているのですが……ままならない年でした。
それでも、一番ままならなかったのは百姓や漁師だったのだと思います。残る月日が穏やかな日々であることを願うばかりです。
おいしくなってきた野菜を食べてください。

畑だより -10月になれば畑は……-

まだですけど、ついに畑で野菜が育ちはじめました。
育った野菜をもって10月中~下旬に八王子・キテレツファーム神田君が、11月初旬に神奈川愛川待ち北原君が、あひるの店先でとれたて野菜を販売します。大根・キャベツ・ブロッコリー・かぶ・サツマ芋・里芋・ほうれん草・小松菜・春菊・チンゲン菜……てんこ盛りで持ってきます。
北原君はこれまでも年2~3回店頭直売をやっていたので、「コンニチワ、元気だった?」「夏はどうだった?鶏はどうよ?」と話しがはずむお客さんもいらっしゃると思います。キテレツ神田君は初登場で、直売は初めて。「今からワクワクドキドキしています」と言っておりました。
今回の店頭直売でお客さんとお知り合いになってもらって、「キテレツファームに行こう!」畑イベントにつなげていけたらと思っています。
まもなく畑の正面にそびえたつ富良野岳が初冠雪という北海道富良野麓郷(TVドラマ『北の国から』の舞台になった)の阪井君から、南瓜・じゃが芋・玉ねぎが届きました。昼夜の寒暖の差が大きい地域なので、デンプン質が多くホクホクして甘味の強い野菜に育っています。
阪井君(60才台半ば)とは、40年以上前にあひるの家で半年間リヤカー八百屋をやってからのつき合いになります。百姓がイヤで、田舎がイヤで、3回目の家出をして訪ねてきたのがあひるの家でした。
ボクサー志願者だけあってフットワークが軽快で、野菜の知識もあり、なにより格好良かったのでリヤカー八百屋は大人気でした。
「無農薬って言い方、冷たそうじゃないですか。有機って言い方の方が温ったかそうですよね」「百姓って冷害なんかで野菜がとれなくても“失敗”って思わないんですよね。また春がくると種を播くんですよね」という阪井君の言葉は、ふとした折りに励まされています。
りんごの青森弘前・伊藤さんからは、つがる・ジョナゴールド・旭(オールドクラシック)・千秋・いとう(オリジナル品種)・秋茜・ひろさきふじなど、次々と出荷されてきます。
伊藤さん(50才台半ば)は府中農工大出身で、ライブハウス『リバプール』などよく出入りして、国立の街がとっても懐かしいと年1回の顔見せを楽しみにしています。
冬のNo1人気の瀬戸内海高根島の井場さんのみかんは、まもなくはじまる予定です。
井場さん(50才台半ば)がチビタみかんをジャンパーのポケットに入れてあひるの家を訪ねてきたから7~8年が経ちます。商社マンから転身し、故郷に帰って農薬不使用でみかんを作るという1年目の出会いでした。あまりのおいしさに感動して、「ヨシ!ヤロウ!」というのがはじまりでした。
新旧の百姓たちの野菜・果物を主に、豊富なラインナップをお届けできると思います。

畑だより -それでも新米がはじまります-

陽射しが全くなく雨々曇り雨曇りの7月から一転、雨が全く降らず強い陽射しだけが照りつけていた8月、そして9号10号の台風による風雨と、傷めつけられ続けた畑でした。
7月は水気が抜けず、作物は病気が出たり腐ったり、8月はようやく顔を出したお日様に喜んだのもつかの間、今度は雨がなく高温続きで立ち枯れたり成長不良だったり、秋冬野菜用に播いた種が発芽しないまま風に飛ばされ播き直したり、台風の強い雨で流されてしまったり散々でした。
台風10号の時畑に出ていた神奈川・北原君は、畑にたたきつけられるんじゃないかと恐怖を感じて、家に引きあげたそうです。
あひるの家の野菜棚は、入荷野菜が減少して10日間位玉ねぎ人参もない状態が続きました。先の見通しが立たないので、通常のルート(直送・ポラン)以外からの仕入れにシフトしてなんとか棚を埋めることができたのです。
ところが、大根・キャベツ・レタス・サニー・ブロッコリー・葉物類は1.5倍強の値段になってしまって、売るのもためらわれる状態でした。少しずつ通常値段に戻りつつありますが、まだまだ高値がつづいています。心苦しい限りです。
それでも、畑(田んぼ)は秋です。
栃木鹿沼・鈴木章さんから新米(農薬・化肥不使用コシヒカリ)がはじまります。8月の水不足を心配していたのですが、地下水を汲みあげて田んぼに水を張っているので、7月の長雨で潤沢で、いい状態で収穫を迎えたようです。
連絡をした日、息を切らして電話口に出て「今から牛の出産で、とりあげるので大忙しだよ」とゼエゼエいっていました。暑い中、稲刈りゴクロウサンです。新米価格は変わりません。
長野・おむすび米が9月下旬、新潟・有機米が10月、福島・さゆり米が11月に新米になります。
果物はりんごの季節です。青森弘前・伊藤さんから【シナノレッド】【さんさ】【未希ライフ】【きおう】【つがる】【旭】【いとう】など、甘かったり甘酸っぱかったり、硬かったりやや軟らかかったり、紅かったり黄色だったりのりんごが次々と入荷してきます。各々が楽しめる味になっています。
ちなみに伊藤さんの農園では年間60種類位のりんごを栽培しています。特長は【印度りんご】【国光】【旭】など、昔からのりんごを大切に育てていることです。
弘前でも37℃超えの日もあって、「危険なので作業を中止した日が何日もあった」ということです。
梨は【豊水】【二十世紀】【幸水】【洋梨】が終盤、ぶどうは【巨峰】【ベリーA】、スポットで【夏武輝(カブキ)】という品種の西瓜がでています。甘い!キウイ・バナナはあります。
野菜は蓮根・里芋・シークワーサーがはじまり、じゃが芋・玉ねぎ・人参・南瓜は北海道に切り替わりました。
大変な夏でした。大変な年です。なんとか体調を崩さないようにしましょう。

畑だより ―ようやく梅雨があけ、夏野菜が勢いを取り戻せるか?―

雨・雨・曇り・雨曇りの繰り返しで陽射しを感じることのない日々が続いていましたが、ついに来週位から夏がやってきそうです。
どの百姓も口を揃えて「ギリギリだよ」と言っていたので、少し声が明るいです。
かといって、今までダメージを受けた野菜、特に葉菜類のキャベツ・レタス・サニーレタス・ほうれん草・小松菜などはトケがはじまって、晴れても回復は難しいようです。欠品・少量入荷・品質に難あり、更に他の仕入れルートからの入荷になるので価格も上がっています。
この後は山梨・長野・群馬と高原に産地移動しますので安定してくると思いますが、しばらくガマンのおつき合いをお願いします。
コロナも含めて超うっとうしい中Good News!です。
新しく始まった八王子・キテレツファームの畑が「有機認証」を取得しました。キテレツファーム神田君が所属していた会社が、6年間にわたる畑の栽培記録・出荷記録を管理していたのが認められた訳です。神田君は今年からその畑をお借りして独立しました。
「有機、有機」と言ったって、認証を取得した「認証有機農家」は日本全国で2000名たらずしかいません。厳格な有機基準や膨大な事務手続きや、経済的メリットの乏しい認証取得を取りやめる農家も多く、減少しつつあります。そんな中、認証取得に踏み切ったのは勇気のある決断だと思います。
ここまでがGood News!で、この後Bad News!が続きます。
7月21日夕方、土手の草刈りをやっている最中にスッテンコロリン滑りおちて、脚の靱帯を損傷してしまったのです。腫れがひくまで1週間、痛みがおさまるまで3週間、約1ヶ月の診断です。
包帯グルグル巻きで畑に出る訳にもいかず、7月一杯でカンボジアに旅立つボランティアの人に全面依存するしかありません。収穫もあるし、種まきもあります。「来月からどうしようかな?」と痛い脚をさすりながら、明るく途方に暮れています。
今のところ毎週金曜日入荷は変わらないということです。キテレツファームの野菜をよろしくお願いします。
野菜は不安定ですが、果物は順調です。そして、甘味も強く味が濃いです。
千葉・山武の大玉西瓜、青森・木造有機の小玉西瓜・タカミメロン、山梨一宮・久津間さんの桃・貴陽、山梨・勝沼平有機のすもも・プルーン、ペルー・パラグアイのバナナ、アメリカのアボカド、まだ少しだけある熊本の河内晩柑、沖縄のパイン、瀬戸内海大三島のレモンなど豊富です。
いよいよ夏が始まります。心身ともに「疲れてるなあ」の日々ですが、体調に気を付けてください。