Category Archives: あひるの店先から

日曜日は魚の日

毎週日曜日は【笑月おせち2021】でも大活躍の青梅・海野水産三代目海野和豊くんが豊洲市場を歩き回って選んだウマイ!魚貝が正午前に届きます。

11月29日(日)本日のお魚は

お買い得 【メバチマグロ切身】 ステーキ・バター焼き・煮付け・塩焼き・刺身(ブツ切り)もいける

生ならではの食感 【生タラ切身】 鍋・塩焼き・フライ・ホイル焼き・野菜あんかけ

上物 【釣あじ】 刺身・塩焼き・たたき・なめろう

子持ちです! 【シャコ(ボイル済み)】 寿司に・そのままわさび醤油・酢の物

特撰品 【まぐろ中トロ】 口の中でとろけます

味・香り・歯ごたえ抜群 【刻み芽かぶ(ボイル済み)】 醤油・ポン酢で 納豆やキムチにも

定番人気 【さば文化干し】 焼くと脂がジュワ~~~

イイニクの日ですが、魚も野菜もよろしくお願いします!

日曜日は魚の日

毎週日曜日は【笑月おせち2021】でも魚貝食材の提供で大活躍の青梅・海野水産三代目海野和豊くんが豊洲市場を歩き回って選んだウマイ!魚貝が正午前に届きます。

11月22日(日)本日のお魚は

上物 【生さば(半身)】 〆サバ・塩焼き・味噌煮・煮付け・竜田揚げ

笑月おせちでも大人気 【さわら切身】 塩焼き・西京焼き・バター焼き・天ぷら

とろける白身 【メヒカリ】 から揚げ・天ぷら 揚げるが旨い!

シーズン到来 【生カキ(加熱用)】 鍋・カキフライ・カキ飯・蒸しカキ

特撰品 【まぐろ】 とろける中トロ 旨味の赤身

トロトロ&クリーミー 【生白子】 鍋・味噌汁・白子ポン酢・バター焼き・天ぷら

お買い得 【甘鯛文化干し】 薄味なのでそのまま焼くほかムニエルなどの調理にも

定番人気 【さば文化干し】 焼くと脂がジュワ~~~

好評「やってます」シリーズ(あひる通信11.14号より)

あひるの家フェイスブックやってます

10月は商店会関連での国分寺出張が多かったのですが、その時はがんばった自分へのごほうびに昼まかは念願の国分寺ムタヒロ巡りをしてきました。当然それもあひるFBにあげているのですが、国分寺出張での大事な仕事、商店会FBに間違ってあげなくてつくづくよかったな~と今さらですが思います https://www.facebook.com/AhirunoieKunitachi/

 

あひるの家自家製ぬか漬け好評販売中

で、その商店会マルイ催事が終わって昨日反省会という名の打ち上げがあったのですが、某イタリアンシェフからの謎の暗号「ヌカヅケゼヒ」を解読してしまったので、しょうがない今年は総会後の懇親会もなかったし、大根・人参・かぶ・ごぼう・キャベツ・エリンギ・柿(!)のぬか漬け7点盛りをお持ちしたところ大変好評でしたがわたしは食べずじまい

 

雨の日スタンプ2倍押しサービスやってます

♪雨は夜更け過ぎに雪へとかわるだろ~、って、クリスマスまでは雨も雪も勘弁して~、これから設置する太陽光イルミネーションが消えちゃいますから~!通常1,000円お買い上げ毎に1個押印するあひるスタンプを、雨が降ったら2倍押印。なんと500円お買い上げで1個押印、1,000円で2個、1,500円で3個…雨天時だけのお得なサービスやってます!

 

毎年恒例!年末カタログタワー2020設置完了

スタッフくみさん考案の「年末カタログタワー」が今年も設置されました。
下から順に【鹿祿おせちセット長手一段重】【いんやん倶楽部愛情おせち】【ムソーウインターギフト】【ポランウインターギフト】【ムソークリスマス】【ポランクリスマス】【笑月おせち2021】【ポランお正月品】【ムソーお正月品&おせち】とその数9種類。
その他にも年末に向けて【章さんののし餅】や【亀製麺の生そば】【ベッカライ・ヨナタンのシュトーレン】【木のひげのシュトーレン】など、今は思い出せないけど予約承り品はたくさーんあるのですが、それはまた後日。
とにかく、今の段階で9種類も配布物があって、先週発行のあひる通信も現在絶賛配布中で、そのうちまた追加でパンフレットがやってきて……、あ~もうすぐ師走ですね~。
こんなに配布し切れないし、渡されたお客さんの気持ちを考えると正直ウンザリするだろうなあ、という毎年年末前の課題だったカタログ一式の扱い方が、一昨年からこのタワー方式にしたらすっきり解決しました。
「見たいものだけ持ってって、注文よろしくね」
といいつつ、あひる通信とあひるイチオシ【笑月おせち2021】パンフレットだけはしっかり手渡すあひるスタッフ。
尚、年末カタログ配布に当たって、今年も国立東1の就労移行支援事務所『ポートビズ』所属のメンバーの方々に、職業訓練の一環としてカタログの社版押印、および申込書挟み込みをお願いしたところ快く引き受けてくださり、丁寧に仕事をしてくださった上に搬出搬入までやっていただきました。毎年ありがとうございます。
各カタログについては追ってブログで紹介していきます。

日曜日は魚の日

毎週日曜日は青梅・海野水産三代目海野和豊くんが豊洲市場を歩き回って選んだウマイ!魚貝が正午前に届きます。

11月15日(日)本日のお魚は

生ならではの食感 【生メカジキ切身】 塩焼き・煮付け・バター焼き・ムニエル

そろそろ終了 【生さんま】 塩焼き・刺身・蒲焼き・なめろう

本物の味 【本ししゃも(生)】 生だからしっとりウマイ! そろそろ終了です

特撰品 【まぐろ中トロ】 口の中でとろけます このマグロは旨い

味・香り・歯ごたえ抜群 【刻み芽かぶ】 醤油やポン酢で 納豆やキムチに

上物 【生さば半身】 〆サバ・塩焼き・味噌煮・竜田揚げ

お買い得 【エボダイ開き】 しっとり甘い!皮目がウマイ!

定番人気 【さば文化干し】 焼くと脂がジュワ~~~

 

あひる通信11.14号明日発行

3週間ぶりとなるあひる通信が明日から配布開始となります。
今号のあひる通信は年末「前」超特大号。おせちにお正月品にクリスマスにギフトにお餅になどなど、12月に販売する物の予約承り告知をしなくてはならないので、毎年この号はボリュームたっぷりとなるのですが、今年はよりによって新商品・再開商品が多かったり、暖房機だロゴナだちょこっと野菜宅配だなんだと、あひる通信史上最多の12ページとなってしまいました。
読む方も疲れるでしょうが作る方も疲れました、ぜひ読んでください、ご予約ください。

【笑月おせち2021】メニュー発表&ご予約承り中&カラーリーフレット間もなく配布開始

この季節にしか手に入らないとっておきのごちそうを食べよう!贈ろう!【ポランの年越しとお正月のごちそう】【ムソーの年越しとお正月のごちそう】【ムソーのお正月カタログからおせちセット全5種】【いんやん倶楽部愛情おせち全3種】【ポランのクリスマス】【ムソーのクリスマス】【カタログにはない2つのシュトーレン】【もうポランのウインターギフトご予約承り中

ムソーのウインターギフトご予約承り中

のどやせきのイガイガにシュッ!自力で健康維持したい方に!安全な食品でお子さんの健康管理をしたいという方に!ノバスコシア【エキナセア&プロポリススプレー】 

週間10%OFFSALE!【大分産椎茸大粒どんこ】【カンホアの塩】【ポラーノ天然醸造醤油・中】

価格改定のお知らせ

新商品・再開商品・スポット商品

11月21日(土)22日(日)ロゴナ化粧品全品10%OFFSALE!

11月28日(土)おむすび屋高ちゃんうまいもの盛りだくさんフェア

ゼンケン暖房機Wキャンペーン実施中!

ちょこっと有機野菜セット・あひる便入会申し込み受付中!

畑だより ―いよいよはじまった秋冬野菜、煮野菜がウマイ!―

アルバイト募集してます!

水曜日は玉ちゃんのお惣菜の日

日曜日は魚の日

あひるの家フェイスブックやってます

あひるの家自家製ぬか漬け好評販売中

雨の日スタンプ2倍押しサービスやってます

りかママのにこにこクッキング

以上、最後まで読んだあなたはエライ!(最後のにこにこクッキングだけ読む人もいるけど……)

 

【笑月おせち2021】ご予約承ります

今年で11回目を迎える【笑月おせち】(元【みんなのおせち】)のカラーリーフレットの到着が遅れていますが、来週中盤には配布開始できそうです。
もうすでに何人ものお客さんに「今年はおせちやるの?」「チラシはまだなの?」と聞かれて、こちらも気が急いてしまいますが、ご安心ください、今年も【笑月おせち】企画は準備万端です。
カラーリーフレット到着を待たずに店頭貼り出しを始めました。
今年はみなさんもれなく大変は1年だったと思われますが、2021年元旦には笑って【笑月おせち】を囲んでいただけるように、例年以上に気合いを入れて企画した【笑月おせち2021】は、蓋を開けた瞬間関係者一同も感嘆の声を上げてしまうほどの仕上がりとなっています。
カラーリーフレット到着まで間もなくですが、あひるのお客さんには先出しでメニュー紹介しますので、「今年の年末年始はどこにも行かないつもりなので、せめてお家でおいしいものを」という方、あひるイチオシの【笑月おせち2021】をぜひご検討ください。

追加情報・詳細は随時アップしていきますのでお見逃しなく。

セール日は魚の日&おまんじゅうの日

「日曜日は魚の日」が好評の魚屋さん海野くんのウマイ!魚貝が、セール日は1日早く土曜日に届きます。

11月7日(土)本日のお魚は

ワンランク上のスズキさん 【ヒラスズキ切身】 塩焼き・煮付け・ムニエル・ホイル蒸し・刺身も旨い

特撰品 【まぐろ】 とろける中トロ 旨味の赤身 このマグロはウマイ

味・香り・歯ごたえ抜群 【刻み芽かぶ(ボイル済)】 刻んであるのでそのまま醤油やポン酢で 納豆やキムチにも

お買い得 【甘鯛文化干し】 高級魚甘鯛の旨味をギュッととじこめました 薄味なのでムニエルにも(あっ、「開き」って書いちゃった)

大きすぎてビックリ 【縞ホッケ開き】 たっぷりの大根おろしで 分割して冷凍も可

定番人気 【さば文化干し】 焼くと脂がジュワ~~~

そして、セール日おなじみ青梅・小山製菓の【みたらし団子】【おまんじゅう】各種も届きます。

海野くんのではないけど、鮮度抜群【直送鮮さんま】もありま~す。

神奈川・北原くんの一期一会の野菜2020秋の陣【伝統小松菜ごせき晩成】を食べてみた

一昨日のブログでお知らせした神奈川・北原くんの【伝統小松菜ごせき晩成】が予定通り昨日届いたのですが、やはり現在の小松菜のようにチンゲン菜などと掛け合わせることにより日持ち・収量がよくなるように改良されたものとは違うのか、20束のみの限定販売となりました。
お客さんを差し置いて商品を先取りするのも気が引けますが(?)、「八百屋たるもの、売っている野菜は自分で食べてお客さんに伝える責任がある!」との義務感から(?)、我が家も20束のうち1束をお買い上げしてこそこそ持ち帰りました。
予定していた献立があるそうなので【伝統小松菜ごせき晩成】を使うのは今夜は一品、定番のおひたしもいいけど~と迷った末スタッフりかが作ったのが「伝統小松菜ごせき晩成の胡麻和えwith鶏ハム」でした。

加熱することで淡い緑色が濃くなり、茎の下の方まである大きな葉はやわらかく瑞々しい。茎はさっぱりシャキシャキ、茎の細さに反比例して厚めの葉はザクザクとした食感。甘いのだけど主張せず、とにかくバランスの良い小松菜という印象でした。
普段葉野菜の茎の部分があまり好きではない我が家のだんご3兄弟も、この小松菜は葉よりも茎がおいしい!と、たくさん食べていたそうです。味覚が大人に近づいてきたかな?
本日をもって売り切れとなった【伝統小松菜ごせき晩成】ですが、もし北原くんの畑にあるようならまた送ってもらおうと思います。なにせ「一期一会の野菜」に出会えていないお客さんも多いですからね。
北原くんのおかげで、8代将軍徳川吉宗をうならせたという小松菜の味を食べることができたので、これで八百屋歴18年のわたしにも少しは箔がついたかな。
次回「一期一会の野菜・冬の陣」も楽しみに待ってまーす。

神奈川・北原くんの一期一会の野菜【伝統小松菜ごせき晩成】明日届きます

6月の夏の陣【相模半白節成胡瓜(さがみはんじろふしなりきゅうり)】ではじまった、神奈川・北原くんの『一期一会の野菜』。
さまざまな理由で食卓から消えていった日本の固定種野菜を、一度でいいからあひるのお客さんに食べてもらって、日本の農業のこれからを少しでも考えてもらえたらと、作り手北原くんと売り手あひるの共同プロジェクト第二弾が明日届きます。

『一期一会の野菜』

この100年間で野菜の品種の94%が消滅したといいます。
それは「日持ちしない」とか、「サイズが適当でない」とか、「たくさん作れなくて効率が悪い」とか生産者や流通業者、小売店などの様々な理由が原因で作られなくなったのだと思います。
すでに絶滅してしまって種も手に入らないような野菜がほとんどですが、その中でもまだ各地で種が繋がれている野菜もたくさん残っています。
キュウリといったらこの形、ナスといったらこの色、という固定概念を覆すようなちょっと変わった野菜たちを愛でて楽しんでみてください。
これからしばらくの間、季節に一種類ずつ選んでお届けしていきます。育てるのが大変なものもありますが、そこは就農10年目の北原、頑張ります。

『一期一会の野菜』第二弾~2020年秋夏の陣~東京伝統野菜【伝統小松菜ごせき晩成】

伝統小松菜は江戸時代八代将軍・徳川吉宗が鷹狩りに出かけたおり、昼食をとるために立ち寄った小松川村(現・江戸川区)の神社で出された澄し汁の具材であった「青菜」をたいそう気に入り、この青菜は何という名前か」「特に名はございません」「それでは”小松菜”と呼ぶが良い」となったとされています。
伝統小松菜の特徴は、味が一般流通のものと比較しても決して劣らないところで、東京都農林総合研究センター江戸川分場で行われた研究では、苦みが少ない、葉柄が柔らかい、筋っぽくない、歯切れがよいなど、食感については高い評価があがったとされています。
だだ、現在の小松菜に比べ、病害虫に弱い、天候の影響を受けやすい、成長するにしたがって葉が広がり、収穫時に葉が折れやすいなどの弱点が多く、栽培はなかなか難しいとされています。
ちなみに、現在一般流通されている小松菜は、伝統小松菜の弱点を解消するために中国野菜のチンゲン菜などとのかけ合わせで作られた品種と言われています。

神奈川愛川・有機農業歴10年の北原くんより

江戸東京野菜の一つに数えられる、江戸川区で育成された昔ながらの小松菜。現在の小松菜のほとんどはターサイやチンゲン菜との掛け合わせにより収量や日持ちなど、様々な点で改良を加えられています。それに対し、この小松菜は何世代もの長い時間をかけて小松菜を選抜固定した、いわゆる純系の小松菜です。実際に収穫してみていつものものと比べて生育が揃わなかったり、華奢で折れやすかったり、病害虫に弱いようにも見え、なるほど噂通りに若干の作りにくさを感じました。おそらくこの辺りが市場流通に向かない理由になり、世の中から姿を消していったのだと思います。
見た目の特徴としては緑が淡く、葉も茎の下まで伸びています。これが昔ながらの本来の小松菜の形なんだとか。その昔、徳川将軍をうならせるほどだったという味を確かめてみてください。