日ごろの行い?旭通りジューンフェスタ2024当日のこども広場

6月2日(日)、午後から雨マークの中はじまった『国立旭通りジューンフェスタ2024』を、毎年わたしが担当している『こども広場遊んでゲット』を中心にふり返ります(昨日一昨日は疲れ果てて書けず)。
昨年4年ぶりの6月開催で想定外の来場者数で大盛況だったジューンフェスタ2023。こども広場も開場10時とともに人が押し寄せ大混乱。将棋倒しの不安もよぎるほどでした。
昨年は『駄菓子やくにちゃん』『TASUCのメダカすくい』『消防車』『白バイ』と詰め込んでいたイベント会場(NTT横駐車場)は、今年は『こども広場遊んでゲット』のみと決め、ほかの催しは旭通り別会場へ。

毎年恒例TASUC作のこども広場横断幕を掲げ、単独使用の特権こども広場A看板を新設。広々と使える会場は受付→ゲーム3種→景品交換所の動線も余裕を持って配置できました。
今年も手伝ってくれる和光保育園先生方、ハッピーテラスキッズの牛島さんともう一方、enのありさん、雨天のためイベントを断念して急きょ手伝ってくれることになった西澤さんに、学生ボランティア20数名も到着し11時開場。

今年の実行委員長が掲げたテーマ「みんなでつくるみんなのアソビバ」に従い、今回は第2こども広場として『一橋祭広場ぽん吉ゲット』も旭通り『葉月』前路上で展開するため、受付では手作り半券チケットを発行。

昨年の反省を踏まえ、受付・輪投げ・缶クラッシャー・景品交換所はそれぞれ2列にしたので、11時前から並んでいたこども行列も開場と同時にスイスイさばいていきます。
ところが……

「いっせいに何人もできるから一つでいいだろう」と考えていたスーパーボールすくいのブースに徐々に行列ができ、20分もしないうちに開場からはみ出してしまうほどの大渋滞。

じつは商店会備品のビニールプールの最下段から空気が漏れていたため、予備としてもう一つ用意していたのですが、次から次へと来る子どもたちをさばくのに必死でソレドコロデハナイ現場スタッフたち。

「わたしたち人気ないのかしら」とイジケながらも、一生懸命「缶クラッシャーと輪投げ空いてますよ~!」と声を張り上げる各スタッフたち。けっして君たちが人気がないのじゃなくて、子どもってスーパーボールが大好きなのね。

予報通り雨が降り始めても、小雨程度なら収まらないこども広場人気(主にスーパーボール?)。

さらに一大事!「隊長(わたし)!スーパーボールが残りわずかです。今年の子どもたちスーパーボールすくいの達人揃いです」の報告に、あわててスタッフを100均に走らせ7個入×10袋をショボショボ投入。

忍耐で行列に並び、その後缶クラッシャーと輪投げを終えた子たちはお楽しみの景品交換タイム。そこで、景品うまい棒といっしょに今年の目玉その2『一橋祭広場ぽん吉チャレンジ』のご案内チラシも渡して、旭通りをさらに奥へと誘導します。

様子を見に行った『一橋祭広場』は『こども広場』より難易度が高いゲームにも関わらず、たくさんの小さい子が参加していて、企画から運営までやってくれた一橋祭実行委員会の面々もウキウキでした。
雨が強くなってきた2時以降はお客さんも途絶えがちになりましたが、2時半にスーパーボール売り切れのため、それ以外のゲームを計3回やってもらい合羽を着ながら続行。
「今年は絶対にやられないぞ」と挑んだ『こども広場』でしたが、終わってみれば800人で想定していた来場者数も雨のため469人止まりでうまい棒もたっぷり余り、そのくせスーパーボールはなくなるという反省点をたくさん持ち帰り、その足でジューンフェスタ2024大反省会会場へ。

もちろん、その場では誰も反省しない大反省会でしたが大いに盛り上がり、二次会では三度も寝落ちしてるうちに日付がかわり、そろそろ帰ろうと自転車に乗ったらチェーンが外れていて、雨の中トボトボと押して帰ったらすっかり酔いも覚めていましたとさ。
旭通りジューンフェスタ実行委員のみなさーん、もし来年わたしクビじゃなかったら、また『こども広場』リベンジさせてくださいねー!
みなさん、ご来場ありがとうございました!

今週の10%OFFSALE!

調味料人気ナンバーワン

【ポラーノの砂糖 洗糖】800g 720円(税込) → 648円 (税込)

鹿児島産のさとうきびから作られた粗製糖です。最小限の精製にとどめ、さとうきびに含まれるミネラルを活かしています。さとうきびを搾り不純物を取り除いて濃縮し、洗糖分離機による粗糖表面の蜜膜分離と、少量の温水シャワーで結晶表面を2度洗います。こうして蜜膜を取り除かれた結晶を「洗糖」といいます。まろやかでクセがないので、料理やお菓子作り、保存食など何にでも使えます。

[SALE期間:6月3日(月)~ 6月9日(日)]

セール日は魚の日

毎月第一土曜日はあひるの家全品5%OFFSALEの日。「日曜日は魚の日」が好評の魚屋さん海野くんのウマイ!魚貝も1日早く土曜日に届きます。
6月1日(土)本日のお魚は

脂ののっていてしっとり 【本マス切身】 塩焼き・バター焼き・ホイル焼き・ちゃんちゃん焼き

脂のってます 【いわし】 刺身・塩焼き・梅煮・なめろう

高級魚がお買得 【キンキ(下処理済み)】 煮付けが最高!塩焼き・アクアパッツァも

旨味たっぷり 【カツオたたき】 たっぷりの薬味でどうぞ

知られざる絶品 【コブ鯛】 甘味と旨味の【刺身用】 【切身】は塩焼き・ソテー・煮付け・うしお汁に

お買得 【あじ開き】 脂のってます 冷凍して朝食にも

定番人気 【さば文化干し】 焼くと脂がジュワ~~~

足元も夏ですよ~!いぐさの健康ぞうり【みさとっ子】

冬の間は靴下3枚履きにレッグウォーマーのわたしですが、今年もすでに4月からは靴下と靴を脱ぎ捨て【みさとっ子ぞうり】に切り替えています。
少しくらい涼しい日でも、鼻緒をはさみ歩く時に指先に自然と力が入るので血行がよくなり、足元はほんのりピンク色で寒さを感じませんでした。
本日は多少ひんやりしましたが、明日からはもう6月。今年の夏は足下から涼しくなりませんか。
鼻緒をはさんで歩くことで、土踏まずの形成が促進され母指内向を防ぎます。重心の位置がつま先よりになり、よい姿勢を保てます。
たたみ敷きなので、汗ばむ季節も足裏サラサラ、開放感があり気持ちいい!お子さんにぜひ1足!大人の方の室内履きにもおすすめです。

【みさとっ子健康ぞうり】 15~22cm 2,420円/23~27cm 2,640円/28cm 2,915円

[鼻緒]
鼻緒を真ん中にすげてあるため、体重をバランスよく保ちます。左右履き替えができるので、ぞうり底の片寄りも防ぎます。

[畳表]
い草を使用し適度な固さが足裏を刺激します。畳地なのでムレにくく、汗をかいてもサラッと快適です。

[底]
底面はすべりにくい凸凹ゴム仕様です。アスファルトなど硬い地面の上を長く歩いても疲れにくく、負担が少ないのも特長です。

6月1日(土)あひるの家全品5%OFFSALE!

毎月第一土曜日はあひるの家全品5%OFFSALEの日(酒類・キャンペーン品・小山製菓を除く)。日持ちのする調味料や乾物、冷凍品などは、この日にまとめ買いがお得です。
通常4時便のみの配達も、正午過ぎから随時出発します。電話注文も承ります(セール日は最終18時まで受付)。ご利用ください。
先月はGWの関係でお休みだった小山さんの和菓子や海野くんのお魚も今月から再開です。

★セール日のお楽しみ!小山さんの和菓子が届きます
【みたらし団子】【酒まんじゅう】【黒糖まんじゅう】【よもぎ大福】【素甘】など。

★魚屋さん海野くんの初夏にウマイ!お魚も1日早く土曜日に届きます!
毎週日曜日の「魚の日」が好評の青梅・海野水産海野くんが豊洲市場を歩き廻って選んだ「ウマイ!」魚貝も、第一土曜日のセール日には1日早く届きます。

※午前中は混み合うことが予想されますので、来店時間の分散にご協力よろしくお願いします。

【有機青梅】ご予約承り中

あひるの家販売ランキングbest10にいつもランキングしているのが、王隠堂さんの【梅干】です。「この梅干おいしいのよね」と、まとめて買っていかれる方が何人もいます。たしかに塩もいいし、しそもいっぱい入っているけど、やっぱり梅が旨いんだと思います。
奈良・西吉野の山中、標高400mのところにある王隠堂さんの梅林の土は、ふっかふかであったかそうです。それと、王隠堂さんの家はその名の通り、南北朝時代後醍醐天皇をかくまったことで名字帯刀を許された由緒ある家系で、その頃から梅を栽培していたそうですから、もう歴史的産物ということになります。歴史と時代が合体した産物が、王隠堂さんの梅です。
子供が大好きな梅ジュース・梅シロップ漬けは、作るのカンタン、1ヶ月位から飲めるので、この夏中楽しめます。大人が大好きな梅酒も作るのカンタンというか、ただ焼酎と梅を合わせるだけみたいなもんです。3ヶ月位でおいしくいただけます。
誰もが顔をしかめながら、それでも1年中食べている梅干は、ちょっと手間がかかりますが、その分自家製梅干は旨いです。夏を越えた頃から食べ頃になります。
只今漬け方レシピ配布中。「な~んだ、これならわたしにもできる」と思った人、ご注文ください。今年は【梅酒・梅シロップ用】の入荷は1週間のみなので、ご予約お忘れなく。

【有機青梅(梅酒・梅シロップ用)】 1kg 1,950円 入荷期間:6/3(月)~6/8(土)

【有機南高梅(梅干用)】 1kg 1,950円 入荷期間:6/10(月)~6/22(土)

ともに奈良・王隠堂農園からで、栽培状況は認証有機農産物。

※お渡し希望日の1週間前までにご注文ください

※【ポラーノの砂糖 洗糖】【玄米焼酎35度】【もみしそ】【海の精漬物塩】【浜御塩】などもご一緒に承ります

好評「やってます」シリーズ(あひる通信5.24号より)

あひるの家フェイスブックやってます

🎵 タンタンタンタン誕生日~ 5月11日はあひるの家FBページ8才の誕生日でした。8年間経って現在626「いいね!」。これからもお客さんのためになることならないこと、リアルなあひるの家の日常をマシンガンのようにあげていく所存であります。あひるの家FBページ9年目もどうぞよろしくお願いします https://www.facebook.com/AhirunoieKunitachi/

あひるの家自家製ぬか漬け好評販売中(最終回)

というわけで、あひるの家FBとほぼ同時期に始めたあひるの家自家製【ぬか漬け】は5月末をもって(いったん?)終了することになりました。ということは、8年間書き続けたこのコーナーも最終回となります。う~んコマッタ、ページ稼ぎにはちょうといいコーナーだったんだけどなぁ。またなにかはじめようかなぁ。とりあえず8年間ありがとうございました!


雨の日スタンプ2倍サービスやってます

「6月2日ジューンフェスタ当日に雨が降ったらどうするの」「え、雨天結構じゃないの?」……。そろそろピンクのテルテル坊主作りはじめようかな。通常1,000円お買い上げ毎に1個押印するあひるスタンプを、雨が降ったら2倍押印。なんと500円お買い上げで1個押印、1,000円で2個、1,500円で3個… 雨天時だけのお得なサービスやってます!

今週の10%OFFSALE!

トゥルンっとのどごし

【ところてんONECUP三杯酢】150g 226円(税込) → 203円 (税込)

国産天草を100%使用。水と天草だけで作ったところてんです。水と手間を惜しまずたっぷり4回洗うことで、嫌なにおいや不純物をしっかり取り除いており、黄色がかった透明の美しい見た目通り、味も香りもにごりがありません。硬すぎずほどよい粘りとコシがあり、麺を結ぶとトゥルンっとほどける、のどごしの良いところてんです。三杯酢たれは、有機純米酢、天然醸造うすくち醤油、味の母だけを使い仕上げました。

[SALE期間:5月26日(月)~ 5月31日(金)]

※今週は1日(土)が全品セールのため週間セールは25日(土)までとなります

冷蔵ショーケース入れ替え大作戦

本日は兼ねてからお知らせしていた通り、お正月以外は休まないあひるの家としては珍しく臨時休業をいただき、店内冷蔵ショーケースの搬出搬入作業を1日かけて行いました。


まず前日準備として、店内ど真ん中の野菜や加工品や在庫が収まっている「島」の商品を、閉店後に撤去。冷蔵ショーケースは店内奥にあるため、搬入搬出時はこの島をどかさないといけないのです。


ショーケース入れ替え大作戦当日の朝、冷蔵庫屋さんより先に店に着き冷蔵ショーケースの中の商品を出していると、開けっぱなしの自動ドアからツバメのつがいが入ってきました。なんか幸先良いかんじですが、冷蔵庫屋さんが到着して出入りを繰り返しているうちにどこかにいってしまいました。


さあ、まずはあひるスタッフではビクともしなかった島の移動。なんと!屈強な冷蔵庫屋さん4人ですんなり動かしてしまいました。


お次は9年半大変お世話になった冷蔵ショーケースの搬出作業。真っ二つにして外に運びだしたら最後のお別れです。


そうこうするうちに新しい冷蔵ショーケースが到着。大の大人が5人がかりですき間まずか1cmのドアを丁寧に搬入していきます。


無事搬入が終わってからは設置・配管などに時間を要すため、わたしは2階で1週間後に迫った旭通りジューンフェスタ『こども広場』の内職に徹します。


内職がはかどりすぎて昼寝までしてパソコンで大相撲中継千秋楽まで観たあと1階に下りてみると、すでに新冷蔵ショーケースは設置完了、島も元の位置に戻っていました。


そこからはスタッフ総出の品出し作業。5人の力をもってしても作業終了は夜10時近くまでかかってしまいました。
臨時休業明けの明日月曜日、スタッフは全員疲れ果てていますが、新品の冷蔵ショーケースだけは元気ですので、今週もよろしくお願いします。

あひるの家自家製【ぬか漬け】販売終了のお知らせ

長らくご愛顧いただいていた【ぬか漬け】ですが、この度の食品衛生法改定により、食品衛生管理手法HACCP(ハサップ)対応の加工施設設置が義務づけられた「営業許可制」となるため、5月末をもって販売を終了することになりました。
8年前スタッフくみさんが担当ということで肝いりではじめたあひるの【ぬか漬け】ですが、1ヶ月がたったある日くみさん右手を骨折。以降なぜかスタッフあかしが引き継ぎ、右手が完治してからも担当が戻ることはなく8年が過ぎました。
振り返れば8年間いろいろありました。
当初ぬか床に使用していた【さゆりっ子炒りぬか】が終売となったため【オーサワのぬか漬の素】に切り替えたり、生ぬか使用の【有機うれしいぬか床】が発売された時はケイミーオフィスの青木さんと「ウチのぬか床の方がウマイ!」「いやこっちだ!」とケンカになったり、職場体験に来た中学生にぬか床かき混ぜさせたらその後ずーっと手を洗っていたり、商店会の新年会で「ぬか漬け80人前」なんてムチャブリオーダーいただいたり、毎年8月31日は「野菜の日」ってことでふるまいぬか漬け配ったり……
ぬか漬け初心者からはじめ、ぬか漬け第一師匠(くみさん)に教えを請い、ぬか床が酸っぱくなっちゃった時にはぬか漬け第二師匠(青木さん)のアドバイスで腱鞘炎になりそうなほどひたすらかき混ぜたりしながら、ようやく安定した【ぬか漬け】を漬けられるようになったのが2年目の春。
それからはだんだん楽しくなり、大人Q(大根・人参・きゅうり)のゴールデントリオ以外にも、カリフラワー・ごぼう・アボカド・菜花・かぶ・ズッキーニなどなど、数え切れないくらいの野菜たちを漬けてきました。
今までの「届け出制」が「許可制」になることで莫大な設備投資が必要となるため、【ぬか漬け】が本業ではないあひるの家としては6月以降続けていくことは難しいということで、残念ですが今月いっぱいで終了とさせていただくこととなりました。
「ほんとうにココのぬか漬けはおいしいのよね~」とよろこんでいただけたことはぬか漬け番長冥利に尽きますが、じつはあひるの【ぬか漬け】がおいしかったのは、漬ける「野菜」がおいしいからなんです。元気な土で育った有機の(または農薬・化学肥料不使用の)野菜をぬか床に漬けることで、まずその養分が水分といっしょに床に流れ、発酵しておいしくなった床の味がまた野菜に戻ってくる。その繰り返しでおいしいぬか漬けとぬか床が作られたのです。
なので、あひるの【ぬか漬け】は終了しますが、あひるの野菜を漬けていれば同じぬか漬けが作れますよ。自信を持ってすすめる【ぬか漬の素】も2種類販売していますので、これをきっかけにぬか床生活はじてみませんか。
お別れするのは寂しいけれど、また会えることを夢見て(?)、8年もののぬか床は一旦冷凍しようと思います。
8年間あひるの自家製【ぬか漬け】を買っていただきありがとうございました。